Shi-gyo

離婚相談で大事な事

離婚とまではいかないケースでも法律の専門家に相談した場合には、離婚相談という内容で悩み事を解消出来るシステムがあります。離婚相談は友達にするのもいいですが、法律的な事は弁護士に聞きましょう。

不当解雇の実態

不当解雇でお悩みの方は多いです。景気が良くなったと言われる社会の中で、辛い方の味方が弁護士です。法律的な側面から真面目に働いて来た人の味方になってくれるのです。まよったら相談しましょう。

離婚専門弁護士とは

離婚問題は簡単なことではなく、財産分与だけでなく慰謝料や子供の親権や養育費などを決める必要があります。特に養育費のトラブルは後をたちません。トラブルになるケースは素人判断で離婚を成立させた方に多いです。離婚専門弁護士がきっと役に立ちます。

まず離婚、慰謝料問題

離婚専門弁護士に関する情報がコチラに満載ですので、依頼する際の参考にしてみてはどうでしょうか?ブログ形式で載ってます。

英語対応・女性弁護士対応可能です。不当解雇で弁護士をお探しならこちらへ。圧倒的に解決実績がある事務所です。

慰謝料を請求できる事由

慰謝料の金額の決定は、離婚をしようと思っている夫婦にとって重要な問題になります。では、離婚の際に請求できる慰謝料の金額はどのように決定されていくのでしょうか。 まず離婚を決意するに至った事由が存在することと思います。その事由の中に慰謝料を請求できるものがあれば相手に請求を申し立てることができるようです。主な事由としては、浮気や不倫、モラハラやDVといったものがあります。モラハラは芸能人の離婚の選択の事由になったことで話題にもなりました。このような事由でも慰謝料の請求を行うことができるようになっているようです。

様々なケースで金額は変わる

慰謝料の請求や金額の決定は、夫婦間で話し合うことができます。お互いに納得のいく決定をすることができれば良いのですが、そうならない場合もあるでしょう。そんな夫婦間での決着のつかなかった問題を離婚調停で解決するという方法もあります。 この離婚調停で第三者による判断などを通して、慰謝料の請求が可能か、可能であればどれくらいの金額なのかを話し合うことも少なくないようです。 金額を決定する要因は、婚姻期間の長さや相手の年収、子供の数などが考慮されます。ですから、金額は一概には決まっておらず、高額であったり低額であったりと様々なケースがあるようです。 もしあなたが離婚による慰謝料の請求をする状況になったなら、その事由を明確に示すことが重要であるということを覚えておくと良いかもしれません。

過払い金対策を

近年各所で頻繁に見聞きするようになった言葉のひとつに、過払い金というものがあります。法律の範囲外で設定された金利はもどってくるので、ながくお金を借りていた方はきっとお金が戻ってくるはず。