30歳を超えてから自分の体臭が強くなってきた気がする

自分は30歳オーバーの未婚女性ですが、30歳の年を境目に、年のせいか自分自身の体臭が悩みになってきました。

汗臭と言うか基本的にわたしは、早朝にいつもエクササイズを行っているせいか、基礎代謝は悪くないのでそれほど体臭が問題だと思った事はありませんでした。

月に一回ほど同僚のところで荷物運びをするのですが「汗がくさい」だの「鼻が曲がる」だの「遊んでる」とかとんでもない言葉を浴びせられる事があります。

もう30代なので仕事の時はキチンとパンストを身に付けているのですが、汗が溜りやすくそのまんま友人の家に遊びに行ったりすると、「うわーニオイが出てる」と自分自身でも把握できるほど発酵したようなムワッとくる臭いがしてしまったりします。

それは矢張り自分でも嫌なのでシャワーでよく洗ったり雑菌を洗い流したりして対策をしているのですが、あんまり効き目がないようで相変わらず臭いのです。

友達の前で靴を脱ぐと「大丈夫、大丈夫」とかって遠回しに責められたりするのですごく嫌だったりしますね。

自分が苦手な臭いは男性の足の裏の臭いです。

結構中年の足の裏の臭いは激しいにおいだなと思っています。

失礼だとは思ってはいますがお酒の席で座敷に上がることが多いので男の人が脱いだクツのニオイと座敷に座った時ににおうあのツーンとしたニオイが大変苦手なのです。

たまに耐えられなくなり気持ち悪くなりそうになったら鼻ではなくて口で息を吸いながら話すようにしたり、そうしててもムリな時は呼吸をせずクツを脱ぐ場所を避けるようにお手洗いで息抜きします。

お酒の席というのは和気あいあいと過ごすところだと思いますが、私はそんなにイヤだと思うんだったらいかなくてもいいかなという考えを持ってしまいます。

しかし居酒屋を出る時「いつもほど呑んでないね。

体調良くないの?」って聞かれるとちょっと焦っちゃいます。

中年の男性の足と靴が臭くて調子が悪くなったなんて口が裂けても言ってはいけない事ですよね。

我慢して参加しているのも申し訳ないなと思いますが、みんなが参加するし私も顔を出しておいた方がいいと思うのでお付き合いだと思ってこれからも参加したいと思います。

世間的には綺麗そうなイメージのある運動をした後の汗もありますが、暑い夏に出る「汗」は厄介です。

思えば、夏が近づくとCMとかでデオドラント商品の新商品をやるのも、私と同じように汗の対処に困っている方が多数いるからでしょうが、あまりにも種類やにおいが存在しているので、選ぶことが出来なくて、手軽に拭く事ができる使い切りタイプになってしまいます。

元より、夏場はそれだけで汗を抑える事はできません。

ネットショップであまりにもおしゃれなパッケージだったため、外国の直接塗りつけるデオドラント商品を買った事があるのです。

香りが強くて、あたしは馴染むことが出来なかったのです。

やはり気になるのは、自分が匂う以上に「周りに私自身の汗臭が漂っているのではないか」とか「内心臭がられるかも」と心配になるのです。

暑さに負けて、出来るだけ出掛ける必要のない時は家に籠っていたいのです。

快適に過ごせる部屋でゆったりと過ごしたいのです。

汗というのは頭皮からも出てくるので、冷感成分入りのシャンプーでなんとかしていますが、こちらも嫌な汗です。

頭からも大量の汗が出ます。

もうちょっと経つと、汗に悩まされる時期になるので面倒くさいですね。

自分は汗っかきなので、特に足や脇の下の臭いが心配な部分です。

夏場は言うまでもなく、寒い時も会社やカフェなど暖房が効いているところでもじっとりと汗をかくので、年がら年中自分の汗がクサくないか、更にバスで隣に座った人に汗臭いと思われていないかと不安でした。

出張とかできちんとした服装の時は常に汗染み防止シートを付けていたし、1度オーデコロンをつけることで臭いをごまかそうと考えたこともあったのですが、体臭とコロンににおいが混ざってしまい、じぶんも臭いで気分が悪くなってしまいました。

それ以来、オーデコロン等のいい匂いがするものを付けることも止めることにしました。

それで噴射させるスプレータイプのデオドランド商品や、足に塗るタイプの汗を抑えるものを色々と試すデオドラントリサーチに熱中するようになりました。

わたくしの場合、アロマなどの香り付きのパウダースプレーは体臭を悪化させてしまうだけだったので、無香性で持続時間が長い、自分に良いものを探すまでに時間がかかりました。

だけど、この頃はその努力が実ったのか、自分の臭いを気にすることなく普段の生活でも仕事でもストレスなく過ごしています。

女で脇の汗を心配している人で多いのが夏場ですよね。

けれども、私自身がもっともわき汗に悩まされるのがニットを着用する冬です。

女子らしく見せられる白色のニットを着た場合、エアコンが効いて暖かい所に行くだけでワキから汗が出てくるのです。

なので、白いセーターは5回くらいしか着ていないのにワキの箇所のみ黄ばんできてしまうのです。

場合によっては1度しか着ていないのに汗じみができてしまい、誰かに見られたんじゃないかと怖くなる時もあるくらいです。

夏の時期のワキ汗だったらみんなもある程度は「しょうがないよ」と理解してくれますが、冬場のワキ汗が分かってしまった瞬間に毎回ひかれているような気がしておびえてしまうのです。

わき汗が出ると、心配なのが汗染み以外にニオイと蒸れる事です。

傍に誰かが来る事が怖いだけでなく、肌が丈夫ではないわたしはわき汗が原因で脇に汗疹ができるので一年中キャミソールは着られません。

私としては汗っかきな人が苦悩するのって、暑い夏ではなくて寒い季節であると思っています。

チチガのニオイ対策におすすめのクリームをチェック⇒チチガ 対策